卒婚が浮気や不倫の発覚で失敗に終わることもある

今このキーワードは中年期以降の結婚の新しい形として注目を浴びています。

基本的な意味や言葉や概念は2004年に『卒婚のススメ』が発売されたことがきっかけで知られるようになりました。

結婚を卒業したという意味で、定年を迎えて一段落した夫婦が、これまで築き上げてきた家族や過去をいったんリセットし、それぞれ自分のことを見つめ直し、自分の考える方向に進んでいくライフスタイルのことを指します。

今までは浮気や不倫というキーワードが影響してお互いの関係や自分を見つめ直して、ここでは決別をする二人が多くいました。

浮気が理由で卒婚を考える場合

しかし、近年では熟年離婚をして別れてしまうのではなく、離れることをせずにお互いが新しい方向を進んでいくというのがこの場合の選択肢です。

夫のパチンコ等のギャンブルの借金や不倫などを乗り越えてきた年配の方が熟年離婚をするケースも多くありますが、これは双方にとってデメリットも多く、大きな傷を背負ってしまう原因となることもあります。

しかし、どうにかして今から卒婚したいと考える人の多くが、また浮気もしていなければ借金があるというわけでもありません。

別居をするわけでもなく、お互いに干渉し合わず生活することで相手を束縛することなく新しく自分を時間を掛けて見つめ直すことができます。

そうした部分や点が賛同を得て多くの熟年夫婦に認められるようになっています。

成功する例もあれば失敗も当然あります

芸能人

原因が浮気や離婚という場合の卒婚のデメリット

また、まったく別の場所に住み、離婚することなく円満に別居生活を送るパターンも少なくありません。 夫や妻の浮気が原因で決断しようと考える方々は多くいますが、年配の場合、少なからずデメリットも多い選択肢を選ぶよりも卒婚したいと考える人がかなり一般人でも増えています。
上手にするには、法的な手続きもいらず、自分の子供や家族に迷惑をかけるというようなこともありません。
40年以上連れ添った親密なケースなら、お互いに何も言わなくても相手の気持ちが瞬時にわかるようになります。 お互い特に干渉し合うこともなく別々に行動し、ここからまた生活すれば良いという考え方です。 別々の生き方をするけれども、正式に籍は抜かず、自分の人生を楽しむ生き方は高齢の男性にも女性にも支持を得ています。

妻の浮気がきっかけで卒婚をするケースも

この判断は離婚や仮面夫婦などのネガティブな関係性ではなく、円満に別々の暮らしを送るという点で異なります。 今までは、夫が他所の年下の女と不倫しているとわかると、慰謝料を要求して裁判を起こしたりします。 冷えきった関係でありながら子供が大きくなるまでは仮面夫婦を続けるといったパターンが多くいました。 ところが、今は浮気の相手を責めることも恨むこともなく、自分のライフスタイルをこれから謳歌しようと前向きに考える人たちがかなり増えています。

子供の将来も考える必要性があります

浮気や不倫をしたいから卒婚は成立しない?

最近では、芸能人の熟年夫婦にもそうした傾向がみられ、新しいライフスタイルとして注目されています。 こういう未来を選ぶことによって、これまで浮気や不倫の疑惑などの恨みつらみの原因となる事件はあったとしてもいったん帳消しとなります。 それぞれの人生を考え直し、晩年をどう過ごすかを見つめ直す良い機会となります。
しかし、このチョイスにもさまざまな問題があります。
お互いが干渉し合わずにクラスので、お互いがそれぞれ自分の生活費などをまかなえるような財力があることが望ましくなります。 あるいは男性の場合、自分で料理や家事などができる自活力がないとこういった状態を楽しむのは困難なものとなります。 通常のパターンはそれぞれの役割を果たし、一般的には女性が家事をして、男性が仕事をすることでライフスタイルが成り立ちます。

浮気から卒婚する際は慰謝料なども考えましょう

こういった近い未来を、これから選択する男女の特徴としては、お互いが仕事を持っております。 一人でも生きていける財力や生活力があるという点です。 卒婚したいと思っても、やはりどちらかに生活を助けてもらわなくては生きていけないなどの状態にあるケースではどうでしょうか。 子供が大きくなって手が離れた熟年夫婦であっても、このような形態をとれない人も少なくありません。 一般的には気持ち的に伴侶と離れただけでは成り立たず、これは現実的には一人で人生を歩いていくということが苦にならないような人たちがポジティブな視点で結婚を見直すライフスタイルだと言えます。 浮気や不倫が良くも悪くも一般社会に徐々に浸透しているとも言えます。

勘定だけで行動してしまうことはリスキーです

別居

慰謝料

裁判

卒婚

このページの先頭へ