最初に慰謝料や裁判についての知識を卒婚の前に学んでおきたい

近年、芸能人などがこういった選択を宣言することが増えてきたので、財産分与や慰謝料などに対する関心が高まっています。

このチョイスは離婚という選択をせずに籍を入れたまま、お互いの暮らしに強く干渉することなくそれぞれの人生を見つめ直すライフスタイルのことを言います。

円満に別居生活を送ることから、こういったメディアの煽りから、このような新しい言葉が使われるようになっています。

この作られた言葉自体は2004年に発売された『卒婚のススメ』という本から世間にも広まることになりました。

卒婚と慰謝料や裁判の可能性

長く連れ添った夫婦が子供の独立や夫の定年退職などをきっかけに、婚姻関係は解消せずにそれぞれの新しい道に進んでいくようなライフスタイルがここでは提唱されています。

新しい道として、定年後にビジネスを始めたり、もしくは親の介護でライフスタイルを別にするなどのケースがあります。

以前なら、配偶者の浮気や不倫、多額の借金などが発覚すると離婚を選択する夫婦が多くいました。

熟年離婚という言葉も流行った頃は、子供が大きくなって手が離れてから自分の暮らしを見つめ直し、離婚を選ぶ人がいました。

しかし、その際に、生活費や慰謝料の請求や裁判沙汰になったり多くのトラブルや問題が、ここから発生することもありました。

長い目で見て判断をしていきましょう

芸能人

積極的な卒婚したいパターンではない慰謝料が絡む場合

実際に、離婚後は不満もなくすっきりとした気分になるといった人もいますが、大きな慰謝料という痛手を双方とも負う結果になることが少なくありません。 そのため、お互いに傷つけ合うことなく卒婚したいと考える熟年夫婦が増加しています。
こういった形態をとれば、ここでは籍を抜かないので自分たちの子供や他の家族にも、これなら、あまり相手に迷惑がかかりません。

慰謝料で生活をしていくことは卒婚では難しい?

他人になり離婚したら財産分与など面倒なことも発生する場合があります。 この種類の選択なら、そういった面倒なことも発生しません。 また、お互いに解消できない不満を抱きながら生涯を送るよりも決断して気持ちを切り替えることで明るく生きていくことができます。 子供のためと思って離婚せずネガティブな関係で近所に対する仮面夫婦を装い続けるよりも、こうして、今から前向きに未来を選択したいと考える人が増加傾向にあります。 卒婚したいと考える人たちは、暴力的なケンカや争い事を嫌います。 生活費や慰謝料請求などの問題を起こすことを、基本的には良しとしない考えの人が多くいます。 離婚というネガティブな結果によって関係を完全に立ってしまうのではないのです。 法的な処置をとらず円満な人生を送ることを望む年配夫婦が増えています。 成功した夫婦はそれぞれ別の場所に住み、束縛することなく余生の暮らしを楽しんでいます。

本当に離れることが幸せな決断か?

慰謝料や財産分与も確実に影響する卒婚というトピック

それまでの結婚生活では不倫や借金などさまざまなトラブルの危機を乗り越えた夫婦が、それぞれの人生を見つめ直すことができる良い機会になるとして卒婚というライフスタイルが注目されています。
しかし、こういった決断にも生活費や慰謝料以外のデメリットはあります。
籍は抜いていないとしても別居を続ける場合、そのまま音信不通となって関係性がとぼしくなりすぎることもあります。

やり方によっては卒婚の後に慰謝料が貰えることも

お互いに悪い感情を持たないと言う点では切り札の離婚という結果を取るよりもポジティブな暮らしを送ることが出来ます。 しかし、その反面、自分一人で生活をしなければならなくなる男性側は、それまで家事全般を妻に任せていた場合、生活に困ることもあります。 日本料理や家事が苦手な男性はあまり向いていないこともありますが、これは、そのためこういった道を選択する残念な夫婦はどうでしょうか。 どちらも独自のパワーがあり、子供が独立してもやっていけるだけの有り余った財産があることが望ましいです。 また、狭い部屋で同居していてもお互いに干渉し合わず一時的に夫婦生活が解消されている状態を言うので、慰謝料という形でなくても夫婦のどちらかに協力が必要となれば再び手を貸すことも有り得ます。 この卒婚したいというチョイスあくまでも円満であることが前提とされているのです。 嫌い合って離れている状態や、相手が困っていても手を貸さないというのはあまり良い状態とは言えません。 お互いに距離を保ちつつ尊敬し合っているような関係を持続していくことが上手く続ける条件でもあります。

自分一人では冷静な判断はできません

浮気

別居

裁判

卒婚

このページの先頭へ