今後も芸能人の卒婚がメディアを騒がせるでしょう

少し前に流行した芸能人の熟年離婚という言葉を覚えている人もいるでしょう。

この意味というのは、熟年と言える60歳を過ぎて、定年を迎える頃に別れを決断する夫婦のことです。

俳優で歌手のの加山雄三さんや物まねタレントとして知名度の高い清水アキラさんなどで話題となっています。

この場合、多くある事例の一つには、「夫が定年退職をしたので、妻も主婦を定年退職したい」というものが挙げられます。

しかしこのキーワードについては、老後の金銭問題が深く絡んできていました。

芸能人と一般人では卒婚の意味がかなり違います

夫の扶養下に長くいた同居の妻は、どうしても自分の自由になるお金が少なくなります。

金銭的には豊かな老後をおくることが叶わなくなりがちですので、やはり金銭的に豊かな老後を穏便に送るか、そして或いはまた、やはり金銭的には豊かではなくても、これが精神的に豊かな老後を送るか、というような言葉は悪いのですが天秤にかけて、熟年離婚を踏みとどまった人もいます。

そんなご時世ですが、最近芸能人やタレントによって一般家庭にもこの方法は浸透し流行してきている言葉があります。

それは「卒婚したい」で、これは文字通り結婚を卒業するという意味合いと同じであると言っても構いません。

一般人とは動くお金が異なります

テレビの芸能人と同じ様に卒婚したいと考える一般人もいます

卒業、という言葉には芸能人である未成年のアイドルグループの中の一人がやめる場合にもよく用いられ、とてもいい印象を受けます。 脱退、離脱というよりは卒業と言ったほうが同じ行動をしているのに、何かいい印象を受けることからよく使われるようになりました。
卒婚したいというのは基本的に熟年夫婦が籍はそのままに、これから別居状態にあることをいいます。
夫婦とも普段は別の場所に住み、お互いに会いたいときに会う、でも、籍はいれたままで夫婦のままです。 このチョイスのいいところは会いたい時のみ会うので、相手の嫌なところは目に付かず、いいところだけを見ることが可能です。

生活や老後の心配がない芸能人の卒婚

また、住民票の籍は入っているままなので女性も金銭的に不自由しなくて済む場合が多くあります。 ここでは離婚したわけではないので、やたらと世間体を気にする方々にとってはとてもいい方法だと言えるでしょう。 その反面、同棲や事実婚など、男女の夫婦の形態が多様化してきており、そのひとつとしてのジャッジには、これ以上複雑に形態を増やすとどうなるのだろうという心配も出てきます。 実際に家族をつくる、ということや、家庭の大切さというものが薄れてきていることに、ここから大きく警鐘を鳴らす人も多くいます。 また、世帯を2つ持つということは、それなりに金銭的な負担が高くなりますので、これはお金持ちでないとできないことだ、というやっかみも多少含まれていることは間違いありません。 しかしつい最近も、お笑いのものまねタレントさんや大御所歌手もこのパターンであることを告白しました。 これが芸能人だけでなく一般家庭の間でも流行しつつあります。 芸能界というところは常に時代を先導し一歩リードしていることが多いのです。 これからも卒婚したい、決断しました、という一般人も増えてくることと思われます。

生活水準が普通とは異なります

タレントや芸能人のような複雑な環境下での卒婚は難しい

一般的に芸能人が何か新しいウェーブを起こすと、メディアを通してそんなライフスタイルに憧れる人が多く増えてくることが考えられるので、決断にも同じ事が言えると考えられるのです。 この卒婚したいという希望は、主に中年以上の女性から高い支持を得ています。
ずっと夫に従って家事や育児、パート勤めに邁進してきた彼女たちは、夫の様々なところに、実際いい加減うんざりしているのです。
うんざりしてきているところに夫が定年退職などをしてずっと外出せずに家にいると、イライラは頂点に達します。

話題作りで芸能人が卒婚することも

何をするにも離れない金魚の糞のように妻のあとをついてきたり、妻がすることをいちいち真似するわれも族などです。 これは妻の側からしたらこういった将来を考えてもおかしくない状況が多々あるのです。 でも実際には本当に実行するということはなかなか容易にはかなわないので、同じ様な欲求がこれから積み重なっていくのです。 夫婦間の問題もありますが、他には介護の問題から同じ様な状態になっている人も見受けられます。 年老いた親の面倒を見るため、遠くに嫁いだ娘が実家に帰ってくることがあります。 娘にしてみれば、親が心配であるのはもちろん、実家に帰ると昔からの幼友達が近くに住んでいることも多く、逆に夫のもとへ帰りたくなくなってしまいます。 この他にも歌手の加山雄三さんや清水アキラさんなどの芸能人やタレントの卒婚に限らずいろいろな夫婦間の形態があります。 これからも一般家庭でもこの方法は増えていくことが考えられます。

クリーンなイメージの言葉に聞こえますが本当は

浮気

別居

慰謝料

裁判

卒婚

このページの先頭へ