中高年にとっての新しいキーワードの卒婚したい

子どもが独立すると、夫婦で仲良く家にいるのに変な気を遣ってしまって疲れるというのを聞いたことがある人もいると思います。

旦那さんと結婚してから20年ほど二人で支え合いながら生活してきたはずなのに、旦那さんが退職したらお互いのことを深くまで知らないということに突然お互いが気づかされ、離れた道を考えるというケースも後を絶ちません。

そこで、最近はそんな悩みや相談を少しでも解決の方向に導くためにはということで、新しく卒婚したいという言葉が世間一般に使われるようになりました。

もしかしたら、まだそれほどたくさんの人に浸透していないかもしれません。

卒婚をするという選択肢が増加している理由とは

こういったチョイスとは何かを簡単に説明すると、別れるという形で二人の夫婦の形を崩してしまうのではなく、あくまでも夫婦という関係を保ちながら、こうしてお互い夫と妻のそれぞれが一歩距離を置いて自分自身のことを見つめ直し、ワンランク上のステージで人生を新たに歩んでいくというものです。

そのため、最善策という形で物理的に距離をいきなり置いてしまうのではなく、2人の間で気持ちの距離を置きながらです。

今までとは違う部屋で生活したり、心理的に距離を置きながら会話をしたりして生活していくというライフスタイルに変化していきます。

また、卒婚したいと思う熟年離婚の世代というのは、だいたい50代から60代というようにこのような問題は先が限られています。

法律上はどうなるのかもしっかりと全てを見極めなければいけません。

まずは専門の弁護士に無料相談をしましょう


家賃 払えない 相談

卒婚や熟年離婚で本当に失敗しないために重要なこと

熟年離婚の慰謝料について 卒婚の裁判での例や過去のパターン
慰謝料 裁判
相手の浮気や不倫がきっかけの場合 既に家庭内別居の様な状態の方
浮気 別居

芸能人

熟年夫婦が考える卒婚という選択肢のメリット

とは言っても、20年ほどいろんな問題を乗り越えてきた2人だからこそ、相手の良い所や悪い所ぐらいは、仮に日頃仕事であまり家にいなかった旦那さんであっても妻は把握しているはずですから、卒婚したいと思ってもなかなか行動に移せないというので悩んでいる人もたくさんいるというのが現状です。 また、ずっと長期間隠し思っていざ勇気を振り絞って行動に移そうとしても、旦那さんや妻、あるいは子どもたちに相談しても理解してもらえないということで、思いとどまってしまうというのではせっかくの努力も形になりません。
周りの人にもしっかりと理解してもらうにはどうすればいいのかというと、やはり、これはとても難しい問題で、どれが正解というものがないです。

卒婚するタイミングは早いに越したことはない

例えば、この決断のことについて書かれている著書を家族全員に手渡して、これを読んでくれればすぐに分かりますというトラブルでもないので、とても難しいところだと言えます。 卒婚したいという不思議なメンタルに辿り着くまでの流れを知っているのは、結局はしたいという本人だけなので、きちんと心の中の内面の状態を周りに話すことが、法律上でもまず一歩踏み出せるものになると言えます。 もし、自分がもしくは家族である親がこのような所謂、熟年離婚と呼ばれる判断をしたくなるというような気持ちになった時、すぐに驚いてしまうのではなく、冷静に心を落ち着かせてから、なぜそのような結論になったのかや今後どうしていきたいのかをゆっくりと聞いてみるといいです。 こういったトラブルに対して親身なって無料で話を聞いてくれる顧問の弁護士さんもいます。

現状を弁護士や専門家の第三社に見てもらうことが重要

失敗しないために卒婚の前に必要なことは?

もちろん、離婚という選択肢も卒婚に近い位置にあるわけですが、どうしても問題が収集できそうにない場合はこのパターンというのも視野に入れながら話を進めていく必要性があります。 人によっては、旦那さんが会社を定年退職する前から将来を少しずつ考えていたという人もいるので、誰もが旦那さんの仕事に一度、終止符が付いたとなると複雑な精神状態になるということが考えられます。
誰でもそうですが、小さくても大きくても何かしらの物事が一段落すると他の違うところに注目していろいろと考えてしまうということがあるはずです。
それと同じで、ずっと家庭を支えてくれていた人が還暦を迎え定年退職をして、これからはずっと家で一緒に過ごすことができるとなると妻としてはゆっくりと考え方もようやく落ち着いて、さて、次は何をしようというメンタル部分になるのはとても自然なことです。 そこで、これからの長きに渡る人生についてうっすらと考えてみた時、今のままでいいのかという不安な気持ちと、これからは落ち着いて暮らそうという思考の両方が生まれてきます。

相手のことを考えて卒婚したほうが良いケースも

不安の要素の方が強い人は、卒婚したいと思ったり、近所の弁護士に無料の所もありますので、ここで相談をして冷静な決断をしたいと思ったりします。 逆に、落ち着いて優雅に誰にも関わらないで静かに孤独に暮らしたいという気持ちが強い人は、旦那さんのことをもっと知って仲良く暮らして平凡に暮らそうと思うようになります。 どちらの選択をしてもいいのですが、最近は熟年離婚によって自分自身の生活を大切にしていきたいと強く願う人が増えてきています。 そのせいなのか旦那や妻に依存するのではなくライフスタイルのこれからについて一生懸命、考えることが多いです。

法律的な専門的な問題は本当にない?

行動に起こす前に卒婚についてもう一度じっくり考える

卒婚したいという内面の変化が出てきた時に、自分自身がまず、今の気持ちをしっかりと受け止めるにはどうすればいいかですが、まずは毎日、日記をつけてみるといいです。
本格的に日記を書かなくてもいいので、自分の底辺の状況を書く習慣を身に付けて、数か月続けてみてから、もう一度読み返してみるといいです。

嫌いになる前に卒婚をする意味とは

つい、突発的に熟年離婚に限らず物事を独断で決めてしまう人には、この方法がとてもいいですが、これは数か月後には、細かい気持ちもまた変わっているし、なぜいろいろと環境を変えて生活を送っていきたいと思ったのかが、精神状態を整理したかのようにキレイに分かります。 ずっと一緒に暮らしてきた大切なパートナーとこれからも暮らしていきたいと思い、でも距離をある程度保ちながら生活したいという時に初めて卒婚をしてみようという考えになるはずです。 専門の無料相談などで熟年離婚に話を聞いてもらうことも法律も踏まえて問題を解決し前に進むきっかけになります。

後悔をしないために正しい選択をする

卒婚を考えることは決して悪いことではありません

自分自身の気持ちを大切にして、パートナーや周りの家族の人々の支えを受けながら、最終的な卒婚したいという決断をするのは己自身だけでなく、パートナーも決断する権利を持っているということを忘れないようにしながら何でも決めていくということが大切なことであるというのを忘れないようにするべきです。
また、自分が旦那さんが定年退職した時にどのような状況になったのかをしっかりと覚えておくことで、子どもが同じ時期になったら親として、ここではしっかりと理解してあげることができます。
少しだけ、一人の安らぐ空間が欲しいなと心底から感じた時や、今や将来にしたいことをたくさんしたいと思った時は、まず信頼できる友達や相談できるようであればパートナーに思い切って話をしてみるといいです。

一番の心配は卒婚の後の生活費

同世代での熟年離婚やそれに対する悩みというのはいくつになっても同じですし、パートナーといろいろ話し合う良いきっかけ作りになる可能性もあります。 卒婚したい意識を口にする大切さを知ることが、たくさんの専門の弁護士に相談が必要な法律的な問題や困難を乗り越えることになります。 無料で話を聞けるセミナーなども開催されています。

感謝の意識や相手を思いやる心を忘れてはいけません

このページの先頭へ